歯のケアで一生自分の歯で

歯周病は歯肉が炎症を起こし最終的には歯を支える骨が溶けていく病気です。日本人の約8割が歯周病にかかっている、または歯周病の予備軍団と言われてします。歯周病は痛みがないので放っておくとかなり悪化していく恐ろしい病気です。健康な歯肉はピンクで引き締まっていますが、歯肉炎になると歯肉が赤く腫れて出血しやすくなります。歯周病は一度悪化すると健康な歯に戻すには難しいと言われています。歯周病にならないために日常ででることは、ブラッシングと併合してデンタルフロスや歯間歯ブラシを使う、歯周病は3ケ月で細菌が元に戻ると言われているので自覚症状がなくても3ケ月~6ケ月ごとに定期健診を受けてメンテナンスを続けることが大切です。
歯は健康に重要なことはなんとなくはわかっているとは思いますが、歯がなくなり、総入れ歯だと、脳への刺激が弱くなり、何もかまない流動食になると、脳への刺激がなくなり認知症が進行しやすくなります。これから先も10年20年と美味しく自分の歯で食べ物が食べられるように歯のケアを大切にしてください。

http://www.motoyawata-mori-dc.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする