赤ちゃんの歯磨きは重要です

歯が生えそろうまでに一番することは、歯磨きの習慣を付けることです。口の中に初めて異物が入ることに慣れさせ、小学校に入るころには自分で歯磨きが出来るようにします。まず口周りに振れ、機嫌の良いときに行います。嫌がったり、拒否反応が起こらない程度に行います。赤ちゃんは唾液が多くて虫歯になりにくいですが、乳歯の虫歯は、永久歯も虫歯にになりやすく歯並びも悪くなります。まず、乳歯が2本生えたら歯磨きを開始します。最初に生えてくるのは、下の前歯からがが多いです。舌の前歯は常に唾液に守られいているので、ブラシでしっかり磨く必要はありません。前歯が上下4本生えてきたら、虫歯を意識して本格的な歯磨きを開始します。奥歯が生えてきたら、歯磨き方法を変更します。自分で歯ブラシを口に入れて、磨くことを覚えさします。仕上げしっかり見てやり、歯科検診デビューします。奥歯のの歯磨きは、自分で歯磨きが出来るようにし仕上げ磨きをしてあげます。この時期に、歯科検診もするといいです。奥歯の永久歯が生えてきたら、この時期からは歯磨き粉を本格的に使用します。磨き残しが多いので、仕上げの確認や仕上げ磨きをしてあげます。一番この時期は、歯磨きを覚えることが大事になってきます。虫歯に気おつけて、教えましょう。

http://www.airis-shika.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする